ブランドとセレクトショップの違い

はじめに

ブランド、セレクトショップ、インポート、ドメブラ、ファストファッション……。ファッション用語には横文字が多いですよね。みんなが当たり前のように使っていると、なかなか「それって何?」と聞くのもはばかられます。

今回は、これらの用語を解説します。ここに挙げた名前を知っておくだけでも、ざっくりとした全体像はつかめます。さっそくチェックしていきましょう!

ブランドとセレクトショップの違いとは?

ブランドとセレクトショップの違いは何か知っていますか?

簡単に説明するなら、ブランドは自社ブランドだけを取り扱うお店、セレクトショップは複数のブランドを取り扱うお店です。

 

ブランド

 

ブランドは、銘柄、商標を意味します。ファションブランドは、デザイナーやデザインチームがデザインした服の名前であり、アイテムを販売している会社を指します。

・COMME des GARCONS(コムデギャルソン)

・Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

・ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)

・A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)

・NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)

・MEN’S BIGI(メンズビギ)

・UNIQLO(ユニクロ)

などなど。

セレクトショップ

セレクトショップはその名の通り、複数のブランドの中からセレクトした商品を販売するショップです。独自のコンセプトに沿ったお店作りが魅力で、国内外のブランドアイテムが揃います。

・UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

・BEAMS(ビームス)

・SHIPS(シップス)

・EDIFICE(エディフィス)

などなど。

セレクトショップオリジナル商品

ブランドとセレクトショップの違いは何となく掴めたでしょうか?
次に、ブランドとセレクトショップの違いをわかりにくくしている「セレクトショップオリジナル商品(通称:セレオリ)」についてです。
セレクトショップオリジナル商品とは、名前の通り、セレクトショップ独自のもの。自社で生産し販売しているアイテムのことです。
セレクトショップでは、このセレオリ品とデザイナーズブランドの商品が混在して並んでいます。そして最近は、オリジナル商品が多くを占めるようになっています。

オリジナル商品が増えた理由は2つあります。
一つは、セレオリ品の利益率が高いこと。自社で作る商品は、製造にかかるコストや価格設定をコントロールできます。他ブランドで買い付けたアイテムより利益率も高いです。つまり、セレクトショップとしては、オリジナル商品を売った方がおいしい。
もう一つは、ユニクロや海外ファストファッションブランドの展開によって、トレンド服が安く買えるようになったこと。高いブランド服を販売するセレクトショップは、「同じようなデザインなら安い方がいいよね」という需要に合わなくなってきたわけです。
その結果、リーズナブルな自社商品に頼らざるをえなくなったと。
かつては、セレオリ品=粗悪というイメージを持っている人もいましたが、必ずしもそうではありません。もちろんリッチなデザイナーズブランドと同じではありませんが、品質は価格に見合ったものだと言えます。また、セレオリ品には、ファストファッションでは手に入らないオシャレ感もあります。

まだある!いろんな「ブランド」

銘柄、商標を意味する「ブランド」は、商品の品質、名称、サイン、シンボルなどの総称としても使われます。
ブランドと一口に言っても、形態はさまざま。ここでは、よく目にするキーワードを簡単にチェックしておきましょう。

インポートブランド

インポート(import)は取り込み、輸入を意味します。インポートブランドはその名の通り、海外から輸入されたブランド商品のこと。
一般的には、高級ブランドを指すことが多いのですが、海外ブランド=インポートブランドではありません。
有名なインポートブランドは、

・Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

・HERMES(エルメス)

・GUCCI(グッチ)

・CHANEL(シャネル)

・PRADA(プラダ)

などなど。海外の伝統的なブランドやデザイナーズブランドの多くがインポートブランドに当たります。

ライセンスブランド

海外ブランドなのに、輸入品ではないものが「ライセンスブランド」です。
ライセンスブランドは、日本企業が海外ブランドの名前を借りて(ライセンス契約を結び)、独自にデザインした商品を販売しているもの。
ライセンス商品は、本家がつくったブランド品ではないため、「本物ではない」と言われることもありますが、インポート品とラインセンス品に優劣があるわけではありません。ライセンス商品をつくるメーカーは、本家のブランドに認められて商品を製造しています。インポートブランド、ライセンスブランド、どちらも本物です。(ただし、ライセンス商品はライセンス料が上乗せされる分、品質と価格が見合わないと言われるブランドもあります)

・Paul Smith(ポールスミス)

・Calvin Klein(カルバン・クライン)

・LANVIN(ランバン)

ちなみに、BURBERRY(バーバリー)はライセンス商品とインポート商品の両方を展開していました。ライセンス商品をつくっていたのは三陽商会という企業です。しかし、2016年6月にライセンス契約は終了し、現在はインポート商品のみの販売となっています。

ドメスティックブランド

ドメスティック(domestic;国内の、家庭内の)ブランドは、国内で製造販売しているブランドのこと。インポートブランドの反対です。
最近は、国内ブランドでも、海外でファッションショーを行うことが多くなっています。
有名なドメスティックブランドは

・ATTACHMENT(アタッチメント)

・sacai(サカイ)

・kolor(カラー)

・HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)

・UNDERCOVER(アンダーカバー)

などなど。

ファストファッション

ファスト(fast;早い)ファッションは、ファストフードと同様「早い、安い、お手軽」が魅力のブランドです。
最新のトレンドを取り入れたアイテムを大量生産することで、安く販売。短いサイクルで世界的に展開しています。
しかしながら、価格を抑えるためには犠牲がつきもの。知的所有権の問題(有名ブランドのパクリ疑惑)や環境への負担、生産工場の劣悪な労働環境は深刻な問題になっています。
だからといって買い控えをするのは短絡的。工場労働者は、商品が売れないと自分たちの生きる糧を失うことになると訴えます。こういった側面があることを知り、本当に大切なものを見極める目を養っていくことも大切です。

有名なファストファッションブランドは、

・UNIQLO(ユニクロ)

・H&M(エイチ・アンド・エム)

・FOREVER21(フォーエバー・トゥエンティーワン)

・GAP(ギャップ)

・ZARA(ザラ)

・GU(ジーユー)

など。

おわりに

ブランドとかセレクトショップとか、細かいことは気にしなくてもファッションは楽しめます。

ただ、初心者やファッションへの恐怖心を持っている人にとって、こういうワードはなかなか曲者。横文字を並べて説明されても「?????」を生み出すばかりです。

とりあえず、有名どころのセレクトショップを覚えておきましょう。そうすれば大まかな区分は把握できます。初心者はまずファストファッションから始めるのがおすすめです。お店にも入りやすいですし、店員さんも寄ってこないので、変なプレッシャーを感じることなく買い物ができます。

慣れてきたら、セレクトショップにステップアップ。リーズナブルなオリジナル商品から試してみるのがいいと思います。