ズボン、パンツ、ボトムス、スラックスの違いとは?

ボトムス、ズボン、パンツ、スラックスの違い

あなたは「パンツ」という言葉を普段使っていますか?
「ズボンの方がしっくりくるんだけどな~」 
そんなふうに感じている方もいるのではないでしょうか。
最近は、「ボトムス」という言葉もよく使われています。 男性になじみ深い「スラックス」もありますよね。

これらの違いは一体何なのでしょうか?

「ボトムス」

「ズボン」

「パンツ」

「スラックス」

この順番で、一つずつ説明していきます。

すべてを統べる「ボトムス」という名のカテゴリ

まず最初に押さえておきたいのは「ボトムス」です。 ズボン、パンツ、スラックス、ボトムス……

どれが正解か迷ったときは「ボトムス」と言っておけば間違いありません。なぜなら、「ボトムス=下半身に着る服」だからです。

ズボンもパンツもスラックスも全部「ボトムス」。スカートもボトムス、タイツも袴もボトムスです。

ちなみに「ボトムス」は、単数形の「ボトム」という呼び方も使われます。日本語に直すと「下衣(かい)」です。

ダサい扱いされがちな「ズボン」

「ズボン」は、「パンツ」「スラックス」とほぼ同義。ズボンの由来には2つの説があります。

 

(1) 着用時に「ずぼん」と脚が入ることから(2) フランス語のペチコートを指すジュポン(jupon)がなまったものが、どちらも定かではないようです。

 

近年、「ズボンという呼び方はダサい」と感じる人が増えているようです。ファッション業界では、消費者を飽きさせないよう、次々と新しい呼称が取り入れるため、言葉がどんどん古くなってしまうのですね。

 

要するに、「ホットケーキ」と「パンケーキ」みたいなものです。「ホットケーキ」と言っても間違ってないけど、どこか古い感じがする。

 

そんなニュアンスが「ズボン」にあることは確かです。

 

一般化した長ズボンの呼び方「パンツ」

「パンツ」は、アメリカ英語で「長いズボン」を意味する言葉です。

 

イギリスで「パンツ」と言った場合には、下着も含まれます。日本でも長い間、下着の意味として使われることが多かったですよね。今ではすっかり長ズボンの意味が定着しましたが、「パンツって聞くと、どうしても下着を思い浮かべちゃうんだよね……」という人もいるのではないでしょうか。

 

パンツの呼び方には次の種類があります。

アメリカ:パンタルーンズ(の略語がパンツ)

イギリス:トラウザーズ、スラックス

フランス:パンタロン

 ドイツ:ホーゼン

  日本:ズボン

 

 

センタープレス入りきれいめズボン「スラックス」

「スラックス」は、「パンツ」「ズボン」とほぼ同義ですが、デニムパンツのようなカジュアル服を「スラックス」と呼ぶことはありません。では、「スラックス」とは一体何か?

 

一般的には、ベルトを通すベルトループや、センタープレス(ズボンの中央に入った折り目)の入ったフォーマル寄りのズボンを「スラックス」と呼びます。スーツのズボンや、オフィスカジュアルで着るズボンがそうですね。

 

以上が日本における一般的な「スラックス」ですが、もう少し詳しく見ていくと、少し違うニュアンスが感じられます。「スラックス」の由来は「ゆるみ、たるみ」を意味する英語のスラック(slack)で、もともとはゆとりのあるスポーティな長ズボンをさしました。

 

文化出版局の『ファッション辞典』で「スラックス」を引くと、「狭義では、スーツのズボン(トラウザーズ)よりもカジュアルなもの」とあります。

 

トラウザーズ:フォーマル

スラックス:カジュアル

 

イギリスでは、ズボンにもはっきりとした格があって、名前が違うのですね。いかにも英国らしい感じがします。

英国紳士なら、スラックスじゃない、トラウザーズだ!……そんなところでしょうか。

こういった文化の違いや歴背的な背景を汲むのは難しいですね。興味のある人は、調べてみるとなかなか面白いですよ。

まとめ

 

<ボトムス(ボトム)>
下半身に着る服の総称

 

<ズボン>
日本での呼び名
「死語」だと言う人もいるが、死語ではない

 

<パンツ>
アメリカでの呼び名
下着、スーツのズボンを含むが、カジュアルなズボンをさすことが多い
(チノパンツ、カーゴパンツ、ハーフパンツなど)

 

<スラックス>
イギリスでの呼び名
日本では、仕事で着られるキレイめなズボンをさすことが多い。ざっくり言ってしまえば、全部ほぼ同じです。

 

外国の言葉は、日本で使われ始めた時点で、もともとの意味からズレていくことが多いですし、言葉は生きているので、厳密に定義することは難しいですね。

 

でも、これで「ズボンだって(クスクスクス」と笑われても、心をかき乱されることはありませんね。