オシャレは何の為?

何のためにオシャレをするの? お洒落の意義を考える

 

あなたはファッションに対してどんな印象を持っていますか?

 

「オシャレって面倒臭いし、興味ない」
「合わせ方がよくわからない」
「カッコ良くなりたいけど、何か気恥ずかしい」

 

そんな気持ちを持っている人もいるのではないでしょうか。

 

特に自分の外見にコンプレックスがあると、なかなかファッションを楽しめないですよね。中には、オシャレがただただ苦痛という人もいるかもしれません

 

なぜ、こんな思いをしてまでオシャレをしなければいけないのでしょうか?

 

今回は、オシャレをする意義について考えてみましょう。

 

オシャレをないがしろにすることで、損することがある!?

 

「人は見た目より中身が大事」

この言葉に異を唱える人はいませんよね。いくらビジュアルがカッコよくても、中身がスッカラカンではよろしくありません。

でも、「中身さえ素晴らしければOK」という考えは間違いです。オシャレの重要性はここにあります。

 

どんなに公平な目で見ているつもりでも、見た目の美しさが判定に影響します。これは科学的にも証明されている事実。同じ能力の二人がいたら、イケメンの方がより優秀だと人は判断してしまうのです。

 

また、コミュニケーションを円滑に進める上でもオシャレは役立ちます。

 

つまり、身だしなみを整えることで、相手に敬意を示したり、場を素敵に演出したりすることができるわけですね。粋な計らいができる人間は、やはり魅力的です。

 

極端な話をすれば、身汚い人やマナーをわきまえない人は、それだけで人格を疑われます。どんなに優しい心を持っていても、きちんとした身なりができない人は土俵にも上がらせてもらえないのです。

 

おしゃれはマナー。「自分はこんな人間ですよ」と伝えるコミュニケーションツールです。

 

よりよい人生を生きるためにも、自分に有利な選択をしたいですよね。

 

あなたは人生に何を求めますか?

 

モテたい?


バカにされたくない?


自信をつけたい?


カッコいい自分になりたい?


ちやほやされたい?

 

オシャレになりたいと願うきっかけは人それぞれ。「オシャレじゃなくてもいい、ダサくさえなければいいんだ」という人でも、突きつめれば望んでいるものの方向性は同じです。

 

正解はないのに不正解はあるという、ある意味理不尽な分野ですが、ファッションはなかなか面白いものです。

 

ダサくないファッションを手に入れることは決して難しくないし、ちょっとしたコツでオシャレにカッコよく洋服を着こなすことはできます。

 

脱オタを目指していた人が服オタになった、なんて話もよく聞きます。歴史的な背景を知ると、愛着が湧くんですよね。あまり身構えず、気軽に楽しんでほしいと思います。

 

興味を持てない人は、マナーとして機械的に覚えてしまえば十分。

 

別にオシャレをしなくたって生きていけます。

 

でも、あなた次第で、人生は変わります。「大切なのは見た目ではなく、中身でしょ」?

中身も外見もカッコよくできたら最高ですよね。

 

そのためにできること、TAFYSで服を探してみませんか?

こんなジャンルの洋服が有ればもっといい!など有ればお気軽にご連絡ください。

今後ともTAFYS(タフィーズ)を宜しく御願い致します