雑談ネタ - おもしろ雑学15選 -

人に話したくなるような面白い雑学や豆知識はありませんか?

まず初めに、雑学とは何か。分野にとらわれず、幅広い知識や学問のことを言います。

一言に雑学と言っても、役に立つ雑学から、役に立つのかわからない雑学まで幅広くありますが、役に立つのかわからない雑学を知っていても、別に得することがないのでは?と、思っている人は、逆に損をしているかも知れません。

役に立つのかわからなくても、いざ知ってみると、興味深い雑学だったり、面白いと思う雑学だったりするんです。

今回は、そんなたくさんある雑学の中でも、みんなが知ってるようで知らない、人に話したくなるような雑学や豆知識を、15個ご紹介致したいと思います。

どうして海の魚は塩漬けにならないのか。

言われてみると、確かにおかしな話ですよね。

体に含まれる水分の中のひとつである血液は、真水より濃く、海水より薄いものです。

そして、薄い水分は濃い水分へと移動しようとする働きがあります。

魚が塩漬けになるのではないかと思われますが、魚の血液は成分を一定にしておける仕組みが体に備わっているので、塩漬けにならないということです。

セシールのCMの最後は何て言ってるの?

大手カタログ通信販売会社のセシールのCMで、最後に男性が何を言っているのか。

まるで呪文のように聞こえてしまいますよね。

あれは、フランス語「Il offre sa confiance et son amour」(イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソネムール)と言っており、日本語で「愛と信頼をお届けする」という意味なんだそうです。

カメレオンが死ぬと、色はどうなるの?

カメレオンと言えば、体をその場の環境に似た色に変えて敵から身を守る擬態生物と知られていますが、死んでしまったらどうなるのでしょうか。

カメレオンは、明るい場所で死ぬと明るい緑色になり、暗い場所で死ぬとこげ茶色になり、死んでもなお、擬態する不思議な生き物なんです。

13日の金曜日は、実は不吉ではない?

13日の金曜日は、何かと不吉だと言われたり、それにあわせてホラー番組が放映されたりしますよね。

キリストが処刑された日として、13日の金曜日は不吉な日だと思われていましたが、実は、キリストが処刑された日は、13日の金曜日ではなく、14日の金曜日なんだそうです。

因みに、フランスでは、13日の金曜日は宝くじの売り上げが急増する幸運な日と言われています。

どうやら、大ヒットホラー映画「13日の金曜日」のイメージがあまりにも強く、13日の金曜日が不吉の日となってしまったようです。

年越しそばって、本当はいつ食べるの?

大晦日に紅白歌合戦を見ながら食べるようなイメージがある年越しそば。

具材にはネギや油揚げ、海老の天ぷらなど、縁起の良さそうなものをトッピングする家庭がほとんどだと思います。

そんな年越しそば、実は年をまたいで食べるのではなく、年を越す前に食べるのが決まりなんです。

年をまたいでしまったり、残してしまったりすると、その年は金運に恵まれないとされ、年が明ける前に食べないと縁起が悪いとされています。

せっかく縁起の良い具材にしても、年内に食べ終わらないと意味がないということですね。

ぜひ注意してください。

寝るときのラッコは、本当に手を繋ぐの?

ラッコは眠る時、海藻などを体に巻きつけ、流されないようにして寝ます。

ですが、海藻のない場合は、離ればなれにならないように、手を繋いで寝るようです。

水族館などでは海藻がないので、手を繋いで寝る姿がよく見られるそうですよ。

フランケンシュタインとは、博士の名前だった?

ラッコは眠る時、海藻などを体に巻きつけ、流されないようにして寝ます。

ですが、海藻のない場合は、離ればなれにならないように、手を繋いで寝るようです。

水族館などでは海藻がないので、手を繋いで寝る姿がよく見られるそうですよ。

フランケンシュタインとは、博士の名前だった?

灯油を入れるポンプの正式名称は?

最近では、電動式などのハイテクなポンプもありますが、100円均一にも売っている、手動式の灯油くみ上げポンプ。

実は、このポンプには正式名称があるんですが、ご存知でしたか?

正式名称は、「石油燃焼器具用注油ポンプ」というそうです。

どうして粉ミルクより、母乳がいいの?

粉ミルクよりも、母乳の方が免疫力もついていいと言われていますが、それは、1日目、1週間目、1ヶ月目と、含まれている成分の内容が少しずつ変わり、成長していく赤ちゃんがその時に必要としている物を与えるという、仕組みになっているからなんです。

これにより、お産してからすぐに初乳を与える産婦人科がほとんどなんです。

驚く道路交通法とは?

車のなかった時代は、馬や牛を利用していたこともあり、現在でも道路交通法では、馬や牛は軽自動車の分類にされているんです。

そのため、馬や牛に乗って通勤や通学をしても罪にはならないというから、驚きですよね。

ヤギだって何も悪いことはないんです。

「元旦」と「元日」の違いは何?

1月1日を、元旦と言う人が非常に多いように思いますが、実は元旦と元日は違うのをご存知でしたか?

「元旦」は、1月1日の朝のみのことを言い「元日」は1月1日のまる1日をさすんです。

因みに、「日」に「一」がつく「元旦」と、「日」の「元日」は、その日一番、その日一日、というように表しているそうです。

エイプリルフールの驚きとは?

唯一、嘘をついてもいい日ということで、誰もが知っているエイプリルフールですが、実は嘘をういてもいいのは、午前中だけなんです。

そして、ついた嘘はその年には叶わないとされています。

つまり、「恋人が出来た!」と言っている方は、おそらく今年は実現しません。

エイプリルフールの有力な起源説は、ヨーロッパからだと言われていますが、本当のところは、いつどこで習慣が始まったのかわかっていません。

因みに、日本語でエイプリルフールのことを、「四月馬鹿」と言うそうです。

真実の口の真実とは?

これを見ると、手を入れたくなってしまいますが、もともとは、下水道のマンホールの蓋として作られた物だったんです。

嘘をついた人が手を入れると噛まれると言われ、有名な映画「ローマの休日」の影響で口に手を入れる人が増えてきたために、口周りがすり減り、だんだんと口が大きくなってきているそうです。

因みに、この顔は、トリトーンという神様の顔なんだそうです。

タイの首都バンコクの正式名称とは?

私達が知っているタイの首都バンコクですが、実は「バンコク」という呼び方は、外国人がつけた呼び方なんだそうです。

現地民は「クルンテープ」と呼んでいるそうですが、これも正式名称ではありません。

正式名称は、「クルンテープ・マハーナコーン・アモーン・ラタナコーシン・マヒンタラーユタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラッタナ・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンビーマン・アワターンサティト・サッカタットティヤ・ウィサヌアム・プラシット」という、物凄く長い名前なんです。

何故、サイコロは1だけ赤いの?

和歌山県のあるサイコロ会社が、他社との区別をつけるために、最初に赤色にしたのが始まりと言われています。

1の目が赤いサイコロがよく売れたので、他社も真似をして赤くし始め、今ではそれが当たり前のようになっているんだそうです。

因みに、サイコロの1の目が赤いのは、日本だけのようですよ。

 

電話で声を間違えやすいのは何故?

電話をかけて、よく身内や兄弟などの声を間違えたりしませんか?

それは、通信量を減らすために、約2000種類もの中から、最も近い似た音を選んで再生されているからなんだそうです。

これで、なんとなく間違えやすい理由がわかりますね。

いかがでしたか?

最初にお話ししたように、役に立つ雑学、役に立たない雑学、本当にくだらないと思うものから、驚くようなものまで幅広くあります。

その中から面白い雑学という部類で選ぶのは大変でしたが、人に話したくなる雑学という点で、選んでみました。

なかには、ご存知の雑学もあるかも知れませんが、是非、機会がありましたら、お友達に自慢してみて下さいね。
楽しい話題作りに少しでもお役に立てれば幸いです。