太った男性へオススメしたいメンズファッションコーデ!

デブ、ぽっちゃり必見

太っているからといって、ファッションを諦めていませんか?確かに細い方と比べると、コーディネートの幅は狭くなります。それでもオシャレを楽しむことはできます!是非この記事を読んで、オシャレなコーディネートを学んでくださいね♪

1.太った男性のファッションについて

出典:http://e-room.uniho.com/entry/158243/

デブやぽっちゃり体型の男性は、ネガティブな考えを持っている方が多いです。私の知り合いでも「何を着たって変わらない・・」と悲観的な発言をする方がいます。

これは大きな間違いで、”太っている方には太っている方向け”のコーディネートがあります。痩せている方と同じような考え方をしていると、コーデの失敗がおきます。

どのようなメンズファッションが自分に似合うのかを、理解した上でファッションを楽しめば、太った方でもオシャレな着こなしが可能になります!

 

服のサイズ感はどうする?

「トップス・アウターの選び方」

 

出典:https://www.pinterest.de/pin/488218415835081697/

まず太っている方が誤解しやすいのが、「細身の服を着てはいけない」という所です。確かにピチピチしすぎると、それだけで笑われる可能性があるし怖いですよね。

まずトップスや上着については、これまでと同じ認識でOKです!変にピッタリフィットしたものは選ばずに、少しゆったりしたデザインを選ぶようにしましょう。

Tシャツやジャケット、シャツにコートなど上半身に着用する衣類はすべて同じです。

「パンツの選び方」

出典:https://www.pinterest.de/explore/chubby-men-fashion/

パンツは上半身と違い、ピタピタ過ぎない程度で”細身”のものを選ぶことをオススメします。メンズファッションって上半身はゆったりしていても、パンツさえ絞っておけばある程度スタイリッシュに見えます。

ぽっちゃりくらいのサイズであれば、”スキニーパンツ”にチャレンジしてもOKです♪

明るいアイテムを取り入れよう!

出典:http://mensfashion.cc/tips/44705

デブやぽっちゃり系の男性は、目立たないようにと「柄物」や「色物」を避ける性質があります。ダークトーン系のアイテムばかりですと、地味になってオシャレなファッションと遠ざかってしまいます。

柄や色を2つ、3つと取り入れてしまうと、逆にポップすぎて子供っぽい印象になってっしまいます。ですが1箇所に「柄」か「明るめのカラー」を取り入れると、大人っぽさを守りながらファッション性を加えることが可能になります。

意識するのは体の細い部分

これは太っている男性意外でも共通していえますが、ファッションをスタイリッシュに見せるなら「体の細い部分を露出すること」が重要です。

え?細い部分がない・・・?そんなことはありません。「手首」や「足首」、「首」などは他のパーツに比べて多少は必ず細いはずです。そういった部分を上手く露出すると、全体がスタイリッシュに見えます。

Vネックで首元をみせて

出典:http://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=266693

トップスやインナーは首周りがゴチャゴチャしていないものを選んでください。あまり胸元を露出しすぎると、逆に「気持ち悪い」と言われかねないので、程よく開いてるくらいを選びましょう。

手首と足首の露出

出典:http://wear.jp/yuupipun/4836935/

手首であれば少し腕まくりをして、”手首だけ”を出しましょう。二の腕まで出してしまうと、スタイリッシュさが軽減してしまいます。パンツは足に自信があればハーフパンツ。もし足が太いので出したくないというなら、ロングパンツをロールアップして足首だけ出してください。

ファッション以外にも関心を!

出典:https://www.pinterest.de/pin/324892560598847213/

「服」を選ぶのも大事なのですが、それ以外例えば「髪型」などにも関心を持てると、さらにオシャレになります。ちょっと派手な髪型ですが、刈り上げてみたりオールバックにしてみたり。

せっかくオシャレなファッションでも、ボサボサヘアーのままですともったいないですよ♪デブやぽっちゃり系には、少しワイルドな髪型をオススメします!

ヒゲなど生やすと、印象がガラッと変わりますよ♪

2.ぽっちゃり男性のメンズコーディネート特集

白シャツで爽やかコーデ

出典:http://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=91808

フォーマル感のあるアイテムを取り入れると、「大人っぽさ」を出すことができます。例えば、白シャツ、スラックスパンツ、ローファーなどが”フォーマルなアイテム”にあたりますね。

膝上のハーフパンツにローカットのスニーカーを合わせることで、スッキリしてスタイリッシュな印象に。シャツも腕まくりをすることで、手首が露出して細身に見えます。夏であれば「手首」「足首」「首」をガンガン露出していきましょうね。

赤のソックスでアクセントを

出典:http://wear.jp/kyuligun/8654066/

トップスに大きめサイズのシャツを羽織って、パンツにはテーパード型を選んでいるので、「Yライン」のシルエットが作られています。テーパードパンツとは、股部分やウエスト部分はゆったりしているのですが、足元にかけて細くなっている形のパンツです。

Yラインシルエットを意識すると、コーデがスッキリして見えるので太った方には是非意識してもらいたいです。足元には赤の靴下を使って、コーデにオシャレなアクセントをプラス。

テーパードパンツとゆったりトップスを合わせるだけで、ここまでスタイリッシュに見えます。

ブラックコーデでクールに

出典:https://www.pinterest.de/pin/460844974348232365/

全身ブラックでまとめたコーディネートです。オールブラックは難易度が高いコーデ方法ですが、うまくいくとスッキリとクールな印象を作れるので、「ぽっちゃり」や「デブ」な男性の方にもオススメです。

こちらのコーデのポイントは、インナーをVネックにして首周りをスッキリさせているのと、半端袖のジャケットを腕捲くりしてスタイリッシュに着こなしている所です。

迷彩アウターでオシャレに

出典:http://wear.jp/1ight/5687774/

迷彩のアウターにデニムをあわせた春のカジュアルコーデ。ブランドはすべて「TOMMY」でまとめており、カジュアルさの中に「スポーツ感」や「ミリタリー感」を取り入れたトレンド感のあるスタイルになっています。

デニムに細身のものを使い、ハイカットスニーカーに”イン”することで足元がスッキリとまとまりますね。ニット帽や眼鏡もファッション性が上がって、コーデにオシャレ感がプラスされます。

デニムオンデニムコーデ

出典:https://www.pinterest.de/pin/146015212891235217/

デニムオンデニムは人気の高いコーデ方法です。春はもちろんですが、秋になればまた人気が出ることは間違いないです。デニムオンデニムはカジュアル感を強く出すことが出来ます。

太った方であれば写真のように、袖付近を巻くって足元を軽くロールアップするだけでも印象はガラッと変わります。インナーには黄色のシャツでコーデに明るさをプラス。

チェックシャツを使って

出典:http://wear.jp/ww474/9399957/

赤のチェックシャツにスラックス、革靴を使った大人っぽい春コーデ。フォーマル感の強いアイテムをたくさん使い、その中にチェックシャツを取り入れる事でカジュアルダウンさせた着こなしです。

赤色がとっても華やかで、フォーマルコーデにファッション性をプラスしています。細身のスラックスと、シャープな革靴がぽっちゃりコーデをスマートにまとめています。

パーカーを使った夏コーデ

出典:http://wear.jp/yuupipun/4825210/

ハーフパンツに黒のパーカーを使ったぽっちゃり系夏コーデ。黒の薄手のパーカーを羽織れば、コーデ全体をシャープに見せることができます。基本的に「黒」はシャープなコーデ作りに適していますよ♪足元にはリーボックのスニーカーを使い、スポーツミックススタイルに。

ブラック×レッド

出典:http://wear.jp/tomohiroyoshi1/9139462/

黒と赤でまとめたオシャレな冬コーデです。デブやぽっちゃりの男性でも、「黒」を上手に使うとコーデがシックにまとまりますね。パンツはあえてハーフパンツにレギンスを合わせることで、体型がうまく隠されています。

ニットとシューズに「赤色」を取り入れる事で、ファッション性の高い着こなしに。アウターには「H&M」の大き目のジャケットを羽織っており、ゆるさのあるオシャレなコーデですね。

グレーのジャケットで大人っぽく

出典:https://www.pinterest.de/pin/33495590952136579/

モノトーン系でまとめたメンズぽっちゃりコーデです。グレーとブラックのカラーバランスが絶妙で、大人っぽくフォーマル感を保ちながらオシャレな印象に。

足元はブーツにパンツをインすることで、コーデのシルエットがスタイリッシュに決まってます。インナーにはVネックを使用して、首元付近をスッキリさせてスマートさを演出。